Plants Trees

*植物とのお付き合いの仕方*

f:id:always-be-yourself:20190212160716j:image

**※***※...

母が癌だという報せが届きました。
それもステージ4で肝臓と肺に転移もみられるらしい。
僕は急いで実家に戻った訳ですが、まだ治療も始めていない母はケロッとしておりまして、

「体重は急に減るし、たまに脇腹が痛むし、息はあがるし、おかしいと思っていたのよね。」

などと笑いながら話していた。

しかし話をよくよく聞くと、その異常がみられたのは年もまたいで前のこと。
人には何かあれば「病院へ早めに行きなさい」と言っていたのに自分のことは二の次三の次だったらしい。
だからこのブログを読んだ人のなかにもしも最近身体の調子がおかしい、と思っている人がいたらどうか検診に行ってください。
放っておいた母は手術も出来ないほど、すっかり手遅れになってしまったのだ。
さて、そんな母が決めた治療法は化学療法です。
身体に合う薬で癌に攻撃していくのですが、やはり副作用がある。
副作用が和らぐから見つけて来てくれと、母から頼まれたのが桜の香りがするものでした。
はて。
そういえば桜ってどんな香りだろうか。
一先ず花屋さんへ足を伸ばし、店頭に並び始めたばかりであろう満開に咲いた桜をひと枝買って母の元へと持って行く。
いい買い物をしたと、浮足立つ。
当然僕は喜んでくれるものだと思っていたのですが、

「あなたって本当、昔から抜けてるのよね。そんな花柄がポロポロと落ちるもの持ち込まないでくれるかしら。アロマとかそういうものにしてちょうだい!」

そう。僕は病気の母をまんまとイラつかせてしまったのでした。
なるほど、アロマね。
そういうものがあったのね。
あぁ、女性って難しい。。。

桜(駿河台匂桜)

  • バラ科
  • 落葉高木
  • 樹高 約60cm~80cm
  • 開花期 4月中旬
  • 花色 白の大輪
  • 剪定 12月~2月
  • 耐寒性 中
  • 耐暑性 やや強
  • 耐陰性 中
  • 初心者 〇

育て方

 管理場所

苗が幼いころはあまり強い日差しに当てないようにしますが、本来はお日様の光が大好きな樹木です。
しっかりと日に当たるところで管理を行います。
ただし西日はあまり好みませんのでご注意ください。

水やり

地植えの場合は基本的に水やりは必要ありません。
鉢植えのものは土の表面が乾いたら、鉢の底から水が流れ出るくらいたっぷりと与えます。
鉢の大きさにもよりますが、夏場は朝と夕方の2回、水やりをするのがオススメです。
またあまりに長雨が続く際には病気の原因にもなりますので雨の当たらない所へ避難させます。

小粒の赤玉土4:腐葉土3:黒土3を参考に植え付けを行います。
通気性がよく水持ちのいい土を好むのだそうです。

肥料

花を咲かせる前の12月~3月にかけてと、花後に肥料を与えます。
僕は鉢植えのものに植え付けの際は元肥にマグァンプK中粒、その後はバイオゴールドを与えておりました。

駿河台匂桜(スルガダイニオイザクラ)とは

桜といえば思い浮かべるのはソメイヨシノでしょうか。
豪華な見た目でソメイヨシノにかなう桜はないでしょう。
しかし香りはというとこれまた別問題。
駿河台匂桜は桜の香りのものを作る方の多くが参考にしている、桜の中でもとりわけいい匂いのする桜になります。
もともとは江戸時代のころ、駿河台にあった武家屋敷のお庭に植えてあった香りのよいヤマザクラが駿河台匂桜と名付けられたのだそうです。
桜の中では少し遅めの開花なうえ、花と葉が同時展開となりますが、大輪の白い花は目も楽しませてくれること間違いなし!
鉢植えにして部屋や玄関に飾っても喜ばれそうです。

まとめ

  • お日様大好き!管理は日当たりのいい所で。
  • 表面が乾いたらしっかりと与える。
  • 通気性、水持ちのいい土を。
  • 駿河台匂桜は香りが最高!ぜひ鉢植えで楽しんでみてほしい。
  • 花柄はぽろぽろと落ちてしまうので、お見舞いにはあまり向きません。

 

 改めて僕は鉢植えの駿河台匂桜にチャレンジし、母に持っていこうと思っております。
それまではアロマのオイルを探して、きっと自分には場違いであるお店を転々とまわることになるのでしょう。
少しでも母の心と身体が楽になるように。
幸せな時間が過ごせるように。